闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

小説『暗黒館の殺人』綾辻行人

 綾辻行人の「館」シリーズ、最長の作品にして、ある意味最大の問題作。シリーズの集大成でもあり、また時空を超えて、シリーズの《始まり》を告げる作品でもあります。
暗黒館の殺人 1 (1) (講談社文庫 あ 52-15)暗黒館の殺人 1 (1) (講談社文庫 あ 52-15)
綾辻 行人

講談社 2007-10
売り上げランキング : 85331
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「文庫版あとがき」を読むと、作者本人はたいそうこの作品がお気に入りの様子。そりゃまあ、前作から12年、時間も労力もかけた大作、愛着もあるでしょうが。しかし、これはないぜ、綾辻さんよ、と言いたくなる。
 
 まあ、あまりネタばれもできないので詳しくは書けませんが、とりあえず長い。作品は長すぎる、館は広すぎる、登場人物は多すぎる。サイドストーリーが多すぎて、肝心の殺人事件の謎解きになかなか集中できません。その事件そのものは、なんかえらく地味。殺人事件よりも、サイドストーリーの方が立っているというのが、『暗黒館の殺人』というタイトルにはそぐわない感じで、不満を感じます。
 サイドストーリーにも謎がたくさん散りばめられていますが、こっちの処理は「それでいいのか!」と言いたくなる。論理の城たるべき本格推理小説で、不思議なことを不思議なことのまま放り出すってのはいかがなものか。『水車館の殺人』のラスト(未来に起きる事件と、その犯人を予知したような絵が出現する)ぐらいの不思議なら、雰囲気もあるし、べつにいいですよ。でも、この『暗黒館』で放り出されている不思議は、あまりにも数が多すぎることと、事件の謎解きの過程でも一度言及されている、つまり謎解き上絶対に潰しておかなければいけない可能性まで放置しているという部分で、「そりゃないだろう」と言いたくなるのです。

 ただ、どんなに不満があるといっても、この作品は『館』シリーズファンなら絶対に読まねばならぬ作品です。先にも書いたように、この作品は、シリーズの《始まり》を告げる作品でもあるから。作中で起きる殺人事件よりも、むしろ《そのこと》の方がこの作品の本題ではないかとも思えるのですが、シリーズのキーマンであるあの人物の《正体》が、かなりの部分明かされるのです。シリーズ7作目でありながら、この作品を読まずして『館』シリーズは語れない、そんな作品になっています。
 賛否両論渦巻く問題作ですが、ともかくこの《始まり》の物語を経て、このシリーズはなおも続きます。全10作の予定というシリーズ、本作のあと、『びっくり館の殺人』が8作目として出ていますから、残るはあと2作です。江南孝明や鹿谷門実、そして異様の建築家・中村青司の物語はこれからどこへ向かい、どのような終結を迎えるのか。ここまで付き合ったからには、最後まで付き合うしかなさそうです。
水車館の殺人 新装改訂版 (講談社文庫 あ 52-19)水車館の殺人 新装改訂版 (講談社文庫 あ 52-19)
綾辻 行人

講談社 2008-04-15
売り上げランキング : 181777

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

びっくり館の殺人 (ミステリーランド)びっくり館の殺人 (ミステリーランド)
綾辻 行人

講談社 2006-03
売り上げランキング : 162637
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

深泥丘奇談 (幽BOOKS)深泥丘奇談 (幽BOOKS)
綾辻行人

メディアファクトリー 2008-02-27
売り上げランキング : 67779
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Theme:推理小説・ミステリー
Genre:本・雑誌

HP Directplus オンラインストア
comments(0)|trackback(0)|読書|2008-06-14_03:50|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。