闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

映画『ザ・マジックアワー』

 三谷幸喜監督最新作。テレビに出まくったり、主演の佐藤浩市とCMに出たりと、怒涛のPRを敢行した成果やいかに。
「ザ・マジックアワー」 オフィシャルブック (ぴあMOOK)「ザ・マジックアワー」 オフィシャルブック (ぴあMOOK)

ぴあ 2008-05-23
売り上げランキング : 4157

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 『相棒』を上回る勢いで売れているらしいけど、一方では、監督の前作『THE 有頂天ホテル』の興行収入には届きそうにないとかで、関係者の心中は複雑とか。

 映画『ザ・マジックアワー』公式サイト
 
 舞台は映画に出てくるような古風な情緒をたたえた港町、守加護。クラブ支配人・備後は街を牛耳るギャングのボス・天塩の愛人・マリに手を出してしまった償いに、伝説の殺し屋・デラ富樫を連れてくると約束する。しかし、顔もわからない謎の存在であるデラ富樫を見つける術はなく、切羽詰った備後は、売れない俳優・村田大樹をデラ富樫に仕立て上げ、この窮地を切り抜けようとするが……。

 三谷監督は“喜劇人”。だからこの映画も、「喜劇映画」と呼ぶべき雰囲気。作りこまれたセットの出来には驚愕ですが、ほとんどのシーンをそのセットの中で撮り切ってしまうあたりは、さすが舞台出身の監督という感じ。

 デラ富樫が初めてボスと面会するシーンで、映画の撮影と思い込んでいる村田の行動が爆笑もの。それに対するボスのリアクションも絶妙で、西田敏行の《受け芝居》の上手さが光ります。
 前作『THE 有頂天ホテル』にも出演していた佐藤浩市や西田敏行、三谷作品には欠かせない戸田恵子らの顔ぶれがいる一方、今までの三谷作品には馴染みのなかった出演者も多い本作。備後役の妻夫木聡や、ボスの愛人・マリ役の深津絵里、備後に尽くす女・夏子役の綾瀬はるかなど。彼らもみなそれぞれにいい仕事をしていますが、なかでも印象的なのが深津絵里。演じるマリは元はクラブの踊り子という設定で、劇中で歌も披露しているのですが、これがびっくりするほど上手い。深津絵里が元アイドル歌手だったというのはなんとなく知っていましたが、こんなに上手いとは。英語の発音も上手くて、公で歌を歌うのは十何年ぶりだと思いますが、歌手活動をしていないのがもったいないほどです。役柄的にも、男たちを翻弄する魔性の女という役で、衣装的に肌の露出も多めだし、今までの彼女のイメージとは違ったセクシーな魅力を振りまいています。

 全体的に品のいい笑いが散りばめられていて、クライマックスのカタルシスも上々で、筋書き上の破綻も無いように見えるし、よく出来た映画なんですが、見終わった後、なんとなく不完全燃焼な気分が残るのはなぜでしょう?もっともっと笑わせてほしかった、ということかもしれないし、あるいは「感動」の部分が少し中途半端だったからかも。あるいは、松本人志風に言うなら「おいしいところは全部予告編で観てしまった」感があった気もします。理由を特定するのは難しいんだけど、ただ思うのは、スターの出すぎっていいことばかりじゃないのかな、ということ。なんか目が散っちゃうというか、観るほうの感情も拡散しちゃう感じで、最後まで感情移入するポイントを定め切れなかったのが、不完全燃焼の原因のような気がします。
 そういいながら、唐沢寿明、中井貴一、山本耕史、香取慎吾といった面々が、ほんのワンシーンツーシーンのチョイ役のために出演しているのを見るのをすごく楽しんでたりもして。やっぱ、「文句なしにすばらしい映画」というのはなかなか無いもんだよなぁ。
ザ・マジックアワー オリジナルサウンドトラックザ・マジックアワー オリジナルサウンドトラック
サントラ

UNIVERSAL SIGMA(P)(M) 2008-05-28
売り上げランキング : 1307
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

THE 有頂天ホテル スタンダード・エディションTHE 有頂天ホテル スタンダード・エディション
三谷幸喜

東宝 2006-08-11
売り上げランキング : 660
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Theme:日本映画
Genre:映画

HP Directplus オンラインストア
comments(0)|trackback(18)|日本映画|2008-06-17_04:50|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ザ・マジックアワー
好きな気持ちに気付いた時,人は前を向く!  
ザ・マジックアワー
映画に生きるべきか、舞台に戻るべきか・・・
ザ・マジックアワー
JUGEMテーマ:映画 2008年6月7日 公開 「おぉーい、よぉ~いスタートは誰が言うんだぁ?!」 おおむね満足できました! ま、三谷監督の言う「3分に10回笑える」とまではいきませんでしたが。 これはもぉ絶対に佐藤浩市で笑う映
ザ・マジックアワー
【The Magic Hour】2008/06/07公開(06/07鑑賞)製作国:日本監督・脚本:三谷幸喜出演:佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、西田敏行、小日向文世、寺島進、戸田恵子、伊吹吾郎 “最後に笑うのは誰だ?” まるで映画のようなお話(笑)
『ザ・マジックアワー』2008・6・8に観ました
『ザ・マジックアワー』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 暗黒界のボス・天塩幸之助(西田敏行)の愛人・高千穂マリ(深津絵里)に手を出してしまった手下の備後登(妻夫木聡)は、命の代償に伝説の殺し屋“デラ富樫”を探し出すハメに・・・だが苦し紛れ
完成披露試写会へも初日舞台挨拶へも行けなかったので「三谷幸喜のマジックの種」を渋谷パルコまで見に行ったりした映画『ザ・マジックアワー』のレビュー
完成披露試写会へも初日舞台挨拶へも行けなかった三谷幸喜第4回監督作品『ザ・マジックアワー』を天塩商会公認揚げぱんきなこ味と三日月のメロンパンとコーキークッキーを食べながらのレビュー「みんなのいえ」「笑の大学」「THE有頂天ホテル」と舞台挨拶へ行ってたのに
【2008-135】ザ・マジックアワー The Magic Hour
人気ブログランキングの順位は? 最後に笑うのは誰だ?
ザ・マジックアワー 2008-33
「ザ・マジックアワー」を観てきました~♪ どこか昭和の香りが漂う守加護(すかご)、街を牛耳るボス天塩(西田敏行)の愛人マリ(深津絵里)に手を出してしまった備後(妻夫木聡)。天塩は命を助ける代わりに、伝説の殺し屋デラ富樫を連れて来いと命令する。デラ富樫...
「ザ・マジックアワー」人生の大一番に掛けた伝説の殺し屋を演じた三流役者の主演映画
「ザ・マジックアワー」は三谷幸喜2年ぶりの監督作品でやくざのボスの女に手を出してしまった男がやくざのボスから伝説の殺し屋を探してくるように言われ、連れて来たのが無名の役者・・・その役者が殺し屋を演じていく奇想天外なコメディー喜劇ストーリーである。個人的...
ザ・マジックアワー&Dグレ&ガンバが京都に勝利
ザ・マッジックアワーは今月12日(木)の9時45分から鑑賞したけども 色々だった有頂天ホテルより分り易くて凄く面白かったし満足だね 内容は売れない役者が映画と信じて殺し屋デラ富樫を演じて進むも 映画撮影は嘘で本当は街でのギャング抗争と言う展開だったね ...
映画『ザ・マジックアワー』
きたぁ~!なにこれ。映画館でこんなに・・・えーいいの???
ザ・マジックアワー
映画「ザ・マジックアワー」を観に行ってきましたー!! この映画は、三谷幸喜監督の作品ということもあって、公開前からかなり楽しみにしてたんですよ。 三谷監督の作品といえば、THE有頂天ホテル以来ですかね!? 映画館に行ってみると、さすがに人気作品だけあっ
映画『ザ・マジックアワー』
映画『ザ・マジックアワー』を見たよぉ~ メディア 映画 上映時間 136分 製作国 日本 公開情報 劇場公開(東宝) 初公開年月 2008/06/07 ジャンル コメディ 解説・・・ 「ラヂオの時間」「THE 有頂天ホテル」の三谷幸喜監督が贈る痛快エン...
★「ザ・マジックアワー」
今週の週末レイトショウは、 最近、宣伝のためにテレビに出まくってる三谷幸喜監督作。
ザ・マジックアワー <ネタバレあり>
TVでオンエアされた 「THE 有頂天ホテル」 を見てから観に行ったので登場人物が かぶりまくってるのが分かって面白かった有頂天ホテルの登場人物で 全く同じ名前で役柄も同じで出てくる人が一人いますってことで、映画が始まってから 誰だろ誰だろと気になって...
ザ・マジックアワー
三谷幸喜氏の監督第4作目の作品です。 彼の作品はちょっと食傷ぎみ。 「ラヂオの時間」は好きなんですけれどね。 港町・守加護でクラブ「赤い靴」の支配人を任されている備後登は、 ギャングのボス・手塩の情婦・高千穂マリに手を出したのがバレて大ピンチ。 5日
ザ・マジックアワー -(映画:2009年3本目)-
監督:三谷幸喜 出演:佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、伊吹吾郎、寺島進、小日向文世、戸田恵子、西田敏行 評価:88点 笑った笑った。 136分の長丁場なのに、もっともっと映画が続いて欲しいと思わせる見事な構成。 映画、というよりは舞台、コント...
ザ・マジックアワー
最後に笑うのは誰だ?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。